[OSS]画像ファイル一覧エクセルシートを作成するツールを公開しました

写真展の準備などで画像一覧をエクセルシートにしたいことが年に数回あって、これまではLightroomのプラグイン Export List Plug-inを使っていたのですが、有料かつLigthtroom Clasicのメジャーバージョンアップ毎(つまりCCで買っている場合の毎年のバージョンアップ)に$10払うことになっていて使用頻度に対してちょっと高いなあと思い、それならばとツールを自作することにしました。

ツール自体は昨年作っていたのですが、せっかくならOSSにして公開(後悔?)しようかとパッケージ化とgithubでの公開に至りました。

ツールは こちらで公開しています。

pythonで記述していて、pipでインストールできるようにしています。現状は、PyExiftoolが返してくるタグ値そのままなのでシャッタースピードや露出値が見慣れた感じにならないところもあります。そこはExcel上でごにょごにょするなどして凌ぐかなと思います。

インストール

python3が入っている環境で以下コマンドを実行します。exiftoolがインストールされている必要があります。

pip install git+https://github.com/fujiba/imgs2xl

実行

コマンドラインから、以下のように呼び出します。

imgs2xl imgsdir imglist.xlsx --size 240 --tags EXIF:Model,EXIF:LensModel,EXIF:DateTimeOriginal

パラメータは以下の通り

  • imgsdir: 画像ファイルがあるディレクトリ
  • imglist.xlsx: 出力先Excelファイル名
  • –size 240: サムネイルサイズ(px)、デフォルトは360
  • –tags…: 一覧に載せたいexifタグ名をカンマ区切りで記載
Avatar
T.Fujiba
Aviation Photographer(航空写真作家)

航空写真作家、阪神が試合してる時はうるさいです。

関連項目